WordPress

【解決策】ロリポップで403エラーが出る場合

投稿日:

ブログ作成の中で、作業をしていて403エラーが出て困ったことはありませんか?

ブログを作っていた初期によくつまづいたのがロリポップのWAF設定が原因の403エラーでした。

備忘録として解決法を書いておきたいと思います。

この記事ではロリポップのWAF設定が原因の場合の解決法について説明しています。その他の原因については触れていません。

 

403エラーとは

突然こんな画面が出てきたらビックリしますよね。

エラーが出た時には特に数字に注目しましょう。上記の場合は「403」ですよね。

ロリポップサーバーでWordPressを使用していて403エラーが出た場合、一番に考えられる原因は「WAF設定」です。

WAF設定とは?

WAFとはウェブアプリケーションファイアウォールのことで、平たく言うと大事なサイトを不正なアクセスから守ってくれる防御壁です。

ロリポップでは全プランにこのWAFが標準装備されています。

WAFはセキュリティ上とてもありがたいものですが、サイト所有者でさえテーマ編集などWAFが有効となっていると編集できない部分があるのです。

テーマ編集といえば、アドセンス申請時にタグを貼ったりしますので、編集ができないと困りますよね。

403エラーを回避するために

403エラーを回避して編集をするためには、二つの方法があります。

  1. WAF設定は有効のまま対処する。
  2. WAF設定を一時的に解除して編集をする。

1の設定についてはEGセキュアソリューションズさんのブログが丁寧に説明されています。

ここではあまり推奨できる方法ではありませんが、2の方法をご紹介します。

この方法を実施される場合、一時的にWAF設定を解除する=一時的にファイアウォールを解除するということですので、その間セキュリティが脆弱になることを認識ください。

設定解除中に万が一のことがおきましても当方での責任は負いかねます。あくまでも自己責任となりますのでご了承ください。

とても大事なことなので、太字で書かせていただきました。

WAF設定を一時的に解除する

step
1
ロリポップにログインをする

まずは設定を変えるためにロリポップにログインをします。

step
2
WAF設定に進む

ログイン後、左メニューからセキュリティ>WAF設定へと進みます。

step
WAF設定を「有効」→「無効」に変更する

今から設定したいサイトURLの設定状態を確認します。

「有効」となっているはずなので、「無効にする」をクリックします。

すると設定状態が「無効」に変わります。

また、サイトURLはサブドメイン(wwwなど)を付けたURLと、サブドメインをつけていないURLと二つ登録していれば、両方とも「無効にする」にします。

ロリポップの管理画面で設定を変えてから実際に反映されるまで(403エラーにならずに編集できるようになるまで)に5~10分ほど必要です。

step
4
WordPressで編集作業をする。

403エラーにならずに編集作業ができるようになれば、必要な編集を素早く進めましょう。

step
5
WAF設定を元に戻す

編集が終わったら、最後にはWAF設定を「無効」→「有効」に戻しましょう。

作業は迅速に!

通常の記事更新などはWAF設定「有効」で何ら問題はありませんので、WAF設定を一時的に無効にするという方法をとる時は本当に必要な時だけ設定を変えるようにしましょう。

また作業も何をするか準備しておき、作業が終わったらすみやかに設定を戻しましょう!

 

 

-WordPress

Copyright© ブロログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.